仕事に誠実 株式会社高舘組 おかげさまで創業90年

健康経営優良法人

採用情報

HOME > 採用情報> 平成29年度入社のメンバーより ~私たちの思い~

平成29年度入社のメンバーより ~私たちの思い~

建築部 関 翼

ちいさな達成感

平成29年度 建築産業人材確保・育成推進協議会
「私たちの主張」新潟県入賞

建築部 関 翼
神奈川大学 工学部建築学科 卒業

【入社後の仕事内容】

旧厚生北会館の解体工事、新水族博物館の新築工事などの現場にて現場管理業務に従事

私が建設業の仕事に携わるきっかけは、父が建設業に携わっていたからその姿に憧れたなどといった格好のいい理由などではなく、自分の居場所は自分の好きなように造りたいといった自己中心的な考えで建設という仕事を選んだ。

大学で学んだ有名な建築物はきれいで華やかでカッコいいイメージを持っていたが、現実の建設現場は私がイメージしていたものとは全く違うものであった。

雨が降ろうとどんなに暑かろうと作業を行い、汗を流して汚れながらも仕事をする泥臭いものであった。そのため現場に入ったばかりの時は、体力的につらいし服は汚れるし危険な場所が多く、なぜこの仕事を選んだのだろうと感じる事が何度もあった。だが、自分以上に身体を酷使し危険な作業を行っている職人さんの仕事ぶりを見て、私は「お金を頂いて仕事をしているのに何を甘ったれているのだろう、何でもやれることはやってやろう」と思うようになった。出来ることは、殆ど雑用のような仕事ばかりであったが、必死にやっていると最初の頃より職人さんが声をかけてくれるようになり、私からも職人さんにいろいろと質問し、様々な事を教えていただけるようになった。

大学の机の上では学ばなかった事を教えて頂き、仕事としての建設を少しずつ学ぶことが出来ている。ただ、知らないことが多くあるため、何でも質問をしていると「大学出ているのに、そんなことも知らないのか」と上司や職人さんに怒られることが多々ある。だが、新人研修会で教わった「3年目までは怒られてでも教わり、仕事を覚える」を心がけ、怒っているが分からない事を分かるまで教えてくれるのは上司や職人さん方の優しさであり、自分に期待をしてくれていると思えるようになり、私は今恵まれた環境で成長できていることを感じている。

私の現場はまだ完成していないが、根伐、配筋、コンクリートの打設など一つ一つの工程が終わる度にちいさな達成感がある。実際に作業を行う職人さんに比べて、今私が出来ることは傍から見れば、ただの雑用や上司の手伝いぐらいにしか見えないだろうが、私のしていることが工程の一環を担っていると思うと、体力的につらいし服は汚れるし危険な場所が多いこの仕事が、ちいさな達成感が感じられる誇りある仕事に思えるようになってきた。このちいさな達成感の積み重ねによって建築物を造り上げ完成させることこそ建設業の醍醐味であると感じている。現場が完成するその時に、この現場の一員として最高の達成感を味わうために一つ一つの仕事をしっかりとこなしていく。

入社したばかりで分からない事やできない事ばかりで焦ったり挫けたりすることは何度もあるが、その度に建設業の奥の深さに感動し、建設業界を選んでよかったとも感じている。私が建設業に携わるきっかけとなった自分の居場所を自分の好きなように造れるようになるまでには、まだまだ時間はかかるだろう。しかし、覚えなければならない事やできることを日々増やし、ちいさな達成感を積み重ねていくことで何時の日か私が自分の居場所を造り上げる日に向けて成長していく。

建築部 大島 咲

私の建築人生

建築部 大島 咲
新潟工科専門学校 建築士専攻科 卒業

【入社後の仕事内容】

本社設計室にて設計業務に従事

平成29年4月1日に入社して、およそ3カ月が経ちました。私は建築部の設計室に所属し、日々仕事に励んでいます。何故、ただでさえ女性が少ない業界で働こうと思ったのかというと、ある体験がきっかけで現在の職種に就こうと決意しました。

私が建設業の仕事を選んだきっかけは、中学2年生の時の職場体験学習でした。夏休みに、地元のある設計事務所で5日間にわたり職場体験をさせて頂きました。体験した内容はエクセルの使い方や素人でも使えるようにプログラミングして頂いたマイホームデザイナーという3DCadで実際の図面を見ながら間取りや建具を配置したり、自分の好きなインテリアやエクステリアを配置して外観バースを作成しました。その外観バースや平面図は今でも大事に保存してあります。この体験がきっかけで、今まで建築に興味がありませんでしたが、将来は建築の道へ進もうと思えるようになりました。この考えから地元の工業高校で建築を学ぶことが出来る学科に進学することを決めました。

高校に進学して2年目、高校2年生の夏にインターンシップがありました。3年前の設計事務所とは異なり、今回はハウスメーカーで3日間お世話になりました。その3日間の中で、引渡し式や上棟式へ参加することが出来ました。上棟式や引渡し式の中でお客様の嬉しそうな顔を見ることができ、「私もお客様に喜ばれるような素敵な建物を建てたい。」と思いました。また、高校の授業よりも先に住宅の設計をすることができました。家族構成や要求室など指定された条件をもとに設計しました。その図面が何とか完成した時に、ハウスメーカーに勤めている2級建築士の方から、私が設計した住宅は面白いと言われたことが、何よりも嬉しかったです。この経験で設計の楽しさと難しさを知り、建築士の資格を取得して将来設計の業務に就きたいという気持ちが強くなりました。高校を卒業してそのまま就職するよりも、「もっと専門的に学びたい。」「在学中に建築士の資格を取得したい。」という気持ちから専門学校に進学しました。

専門学校に進学して2年目の時にふと、建築がつまらなく感じ、辞めたくなった時がありました。建築を志したきっかけは中学2年生の頃でしたが、「あの時決断するのは早かったのではないだろうか。」「他にも道があったのではないだろうか。」と考えてしまいました。他の分野に興味はありましたが、それを仕事にするということまで考えた時に、いまいちピンときませんでした。「建築を学ぶために高校から専門学校までの6年間の時間と学費等を考えると、いまさら辞めるというのは、なんて自分勝手だろうか。」と思いました。そして今までサポートしてくれた家族の為にも頑張ろうと決意しました。

私は無事に試験に合格し、2級建築士の資格を取得して現在の職種に勤めていますが、就職がゴールではなく、むしろここからがスタートだと思うので今まで以上に勉強に励んでいきたい思います。また、女性ならではの感性を仕事に活かしたいと思います。そして今までサポートしてくれた家族に、いつか私が設計した住宅を建てることで恩返しができるようにこれからも頑張っていきたいです。最後に「建設業」というのは人の暮らしと命を守る仕事だと思うのでその思いを胸に日々仕事に励んでいきます。

土木部 佐藤 成

現場監督の仕事をしてみて

土木部 佐藤 成
新潟県立上越総合技術高等学校 環境土木科 卒業

【入社後の仕事内容】

黒井藤野新田線地盤改良工事現場にて現場管理業務に従事

私は、今年高校を卒業し、新入社員として働くことになりました。私は地図に残る橋や道路、公園などを造ったりする仕事に小さい時からずっと憧れていました。だから、土木系の高校を卒業し、土木の現場監督の仕事に就きました。

仕事を始めてまだ二ヶ月ですが工期の短い現場に行っていたので、現場が完成した達成感、感動を感じることができました。その反面、高校生の時はあまり気にしていなかった作業がとても大事なことだったり、得意だったことがあまり使わなかったりなど、とても大変でした。

現場は常に緊張感があるのかと思っていたのですが、現場の方たちがすごく優しい方々だったので、すぐに緊張感がほぐれました。しかし、現場は一歩間違えると大きなけがにつながるので常に気を張りながら作業を見ていました。

その現場はもう完成して達成感や感動もあったのですが、まだ自分の現場ではなく、殆ど付いていっているだけだったので実際自分の現場を持ちその現場が完成した時は、おそらく何事にも負けない感動や喜びがあるのだと思い、それが何よりの楽しみとして今仕事を頑張っています。

また震災や大規模火災があり、たくさんの方々が困っていました。誰でもその困っている方々にできることがあるのですが、その困っている人たちに大きく手助けをすることができるのは土木会社の方だと思います。レスキュー隊や消防士などは、とても被害者から感謝されます。土木の方々はあまり感謝の言葉がかけられることが無いと思うし、テレビでも報道されることもあまりありません。しかし、陰で頑張っているところを見て、とても格好いいと思いました。私もそんな人になりたいと思ったというところも、土木の会社を選んだ一つの理由です。

私の目標としては、仕事でいち早く会社に貢献できるようになるために、資格をたくさん取り、自分の現場を任されるようになること、そして、現場が完成しても、地域の人たちに感謝されないような現場では駄目なので地域の方々に感謝されるような現場を作れるようになることです。そして、もしまた大きな震災が起きてしまったときに、多くの人の役に立つことのできるような人になることです。

私はまだ働いてちょっとしか経っていないけれど、建設業はとてもやりがいがあり、自分たちで造ったものが地図に残るとても良い職業だと思います。3Kとよばれている「きつい」、「汚い」、「危険」というイメージがあるかもしれません。ですが、それも少しずつ改善されています。女性専用トイレも設置され始め、女性も快適に仕事ができるようになってきています。だから、3Kのイメージを捨てて建設業に興味を持つ人がもっと増えると嬉しいです。

土木部 作業チーム 石田 大地

自分の道

平成29年度 建築産業人材確保・育成推進協議会
「私たちの主張」新潟県入賞

土木部 作業チーム 石田 大地
上越高等学校 卒業後 県内企業にて勤務 その後高舘組に入社

【入社後の仕事内容】

市内各所にて道路維持パトロールに従事

私が建設業に携わる最初のきっかけは、高校時代に少々バイトしたことと、ただ足場を組む鳶の人たちが着ていたニッカ姿に憧れただけで特に建設業に興味を持ったということではありませんでした。いざニッカを着て仕事をした自分は「汚したくない」「汚い現場では着たくない」とか思い、絶対外で働く仕事はしたくないとその時は思いました。自分にどんな仕事が向いているのか、自分がどんな仕事をしたいのか分からないまま仕事をしていました。でも、そのうちに仕事をしていて楽しいと思えたことがあったのがきっかけで今も続けられていると思います。それは、土木作業です。

この業界に入る前の自分が抱いていた外仕事のイメージは「きつい」「汚い」というイメージで、実際に作業してみて感じたのは、まさにイメージ通りでした。しかも作業に使用する資材や道具の名前もわからないままやっていた自分がこの職業が務まるか不安でした。現場で働く人達みたいに自分もなれるのかなと思うような日々でした。

仕事をしていくうちに、道具一つ一つの名前や資材の名前を覚えていくと段々と楽しくなり体力的にも慣れ、言われたことをこなせるようになっていた自分がいました。この仕事ならずっとやっていけると思ったのが、現場が終わっても残る仕事だった。身近なもので例えると側溝布設だったり、ブロック積みのような仕事でした。月日がたっても残っているということ。この仕事を極めていきたいと思えるようになり、色々なことを勉強させてもらいながら仕事をしている毎日です。子供と遊びに出かけた時に、自分が携わった現場の前を通り「ここのブロックはパパが並べたんだよ」とか言いながら出かけることもあります。それからは、出掛ける度に、「パパがやっている現場を見に行きたい」と子供から言ってくれるようになった時は、凄く嬉しかったし、子どもに自分がした仕事を見せられるというこの仕事は胸を張れる職だと感じました。「パパ凄い」とか言われた時は、これは頑張ってきたからこそ言ってもらえた最高の見返りなのだと思いました。

今、私が携わっている仕事は、建設業の中でも、特に特殊な維持管理という仕事です。主に道路をパトロールしながら道路に異常がないかとか飛散物や落下物がないか確認しながら作業を行うという仕事です。その職は他の仕事と違い変わった形で残るのでやりがいがあるし、人のためになり、地域を支えている、なくてはならない仕事の一つだと感じています。入社当時は何も分からずただ見ているだけで何もわからなかった維持管理という仕事ですが、上司や先輩の指導のお蔭で少しずつ出来ることが増えてきました。私の今後の目標は、上司や先輩のように臨機応変にすばやく物事に対処できるようになるということです。そして、維持管理には絶対に必要な人間だと思ってもらえるように一生懸命尽力し力をつけていきたいと思っています。そして、自分が経験し身に付けたことを繋いでいければと思っています。また、家族や子供たちに必ず誇りに思ってもらえる仕事であることを伝えていきます。

エントリーはこちら 025-543-3425 (総務部:新保・清水) メールフォームからエントリーする

ページトップへ戻る